割安株検索ツール
割安株スクリーニングツール

割安銘柄を一発でスクリーニングできるツールの紹介です。

割安株を見つける代表的な指標にはPERやPBRがありますが、
このツールでは移動平均線上昇(順張り)、RSI(逆張り)、ボリンジャーバンド(逆張り)を基にしています。
データは毎日更新していますので、初心者でも簡単にリアルタイムで割安株を見つけることができます。
無料でご利用できますが、投資判断は自己責任にてお願いいたします。

マーケット情報取得ツール 割安株検索ツール 検索順位チェックツール 情報商材ランキングツール NHKスクランブル化投票ツール

【 割安株検索 】
移動平均線上昇(順張り)RSI(逆張り)ボリンジャーバンド(逆張り)
「移動平均線」はトレンド分析をするテクニカル指標のみならず、チャート全体のなかでも最もポピュラーなものですので、はじめての方はまず最初に理解しておきましょう!
「移動平均線」とは、過去の一定期間の終値の「平均値」を計算し、その値をつないだライン(線)のことです。
たとえば「5日移動平均」といえば、今日を含んだ過去5日間の終値の平均を算出したものになります。
翌日になると、その日を含む過去5日間の終値の平均を算出します。その次の日、さらにその次の日も同様に算出します。
移動平均線の傾きが上向きなら「上昇トレンド」、下向きなら「下降トレンド」と判断できます。
また、現在の価格が移動平均線より上にあれば「上昇トレンド」、下にあるときには「下降トレンド」を示していると読み取ることもできます。
RSIとは、「Relative Strength index」の頭文字をとったもので、日本語では「相対力指数」と訳されます。
米国のチャート研究家W・ワイルダーによって考案されたもので、「相対的に今の相場が強弱どちらに傾いているのか(過熱性)」を表した指標です。
「RSI」は、一定期間(一般的には短期で9日間、中期で14日間)における価格の変動幅全体に対する「値上がり幅」の割合を表した指数のことです。
RSIは縦軸に百分率(%)を取り、その水準によって買われすぎ、売られすぎを判断します。
50%を中心にして上下に警戒区域を設け、70%(80%でも可)以上を買われすぎ、30%(20%でも可)以下を売られすぎと判断します。
つまり、価格が上昇し続ければ「買われすぎ」と判断して売りを考え、逆に下落し続ければ「売られすぎ」という判断をして買いを考えるというものです。

9日間のRSIの方が14日間のRSIに比べて振幅が大きくなります。
一般的には14日を計算期間として、@(14日間の値上がり幅の合計)、A(14日間の値下がり幅の合計)を用い、例えば@が700円、@+Aが1000円とするとRSIは70%になります。

RSI=(@/@+A)×100(%)

当たり前だが、株価が上昇を続けると100%に張り付き、下落を続けると限りなく0%に近づく。
有名な指標ですが、他の指標と組み合わせて使うことが好ましいでしょう。
「ボリンジャーバンド」は、米国のチャート研究家ジョン・ボリンジャーにより考案されたトレンド分析の手法です。
具体的には、一定期間の移動平均線を引き、その上下にさらに2本ずつ線を引きます。
中心値から第1標準偏差(+1σ、-1σ)と第2標準偏差(+2σ、-2σ)を上下に引き、合計5本で構成する。(σ=シグマ)
相場の変動の大半がこのバンド(範囲)の中に収まるという統計学を応用して、現在値の位置や方向性で投資判断をおこなうものです。
ボリンジャーバンドは「TP(ティピカル・プライス:高値,安値,終値の平均値)」と「標準偏差」で構成されています。あらかじめ設定したある期間(ここでは10日、20日、25日を採用)の移動平均値に、算出された幅(標準偏差)を、その上下にバンドとして描くチャートです。
統計学ではデータが正規分布している場合、「平均値±第1標準偏差」内にデータが入る確率は約68%、「平均値±第2標準偏差の2倍」内にデータが入る確率は約95%であることが知られています。
(「平均値±第3標準偏差」内では99%といわれています。)

ボリンジャー・バンドはこの特性を活用したものです。
バンドが広くなっているところはボラティリティ(ある一定期間のうちに、商品の価格がどの程度上下変動するかを示すもの)が大きく、狭くなっているところはボラティリティが小さいことを表し、株価が+2σのラインを上抜けたら売り、-2σのラインを下抜けたら買いとする判別法が一般的であり、ボリンジャーバンドの幅が狭くなるとその後に株価が大きく変動する(いわゆる保ち合い放れ)場合も多く、幅も重要な意味を持ちます。
つまり、株価が移動平均の標準偏差の2倍を超えて上昇(下降)する確率は5%(100-95)以下となります。
Powered by ystseo.net Copyright © 2010〜 All rights reserved.