Yahoo!(YST)、Google、Liveサーチ(旧msnサーチ)などの検索エンジンのSEO研究
 PageRankを重視するが必要があるのか

PageRankを重視するが必要があるのか
Googleは2006年の5月頃 新データベースBigDaddy に移行したあたりから、そういった、ショボイリンクを認めなくなっている。

事実オイラの本業ページはそれまでページランク4だったが、いまでは2しかないし、他人のHPを調べたが同じように下がっている。

現在のYahoo検索(YST)はもともとInktomiが母体だから、被リンクの考え方がGooleとは全く違うし、
これだけHPが多くなってきた現状では、被リンクそのものよりサイトの充実を優先的に考えたアルゴリズムの方が理にかなっているとオイラも思う。
オイラのあるブログはページランク「0」だが、実際のYahoo!検索表示順位では、Googleページランクが6の有名サイトよりも上に表示されている。
日本では頻度が高いYahoo!検索で上位に表示されることによって、誰かが勝手にリンクを貼り付けてくれることも多くなっている。
そのことは、結果的に本来の被リンクとなり、Googleでの表示順位も上がってくる。

ちなみに、Googleでも現在では、少しYahoo!的になりつつある。

SEO対策にはKEY造パーフェクトマニュアルはオススメです。

起業家を成功に導く電子書籍販売ツール
BigDaddyのバグは直ったのか
GoogleではH18年3月ごろから、「しょぼいリンク(自動登録集サイトなど)を対象から外す」などの大幅なアルゴリズム変更が行われました。

その時、新しいデータベース(Big daddy)に今まで保存されている80億以上の移動が行われました。

そのころから突然とんでもないバグ(プログラムの異常)により保存されているデータの相当多くがインデックスから消えてしまいました。
これにより、今まで上位に表示されていたサイトの多くが、表示されなくなったり、大幅な順位下落になってしまいました。
その後、消失したデータの復旧作業をしているようです。
このことに関する詳細は「Google消失」はBig Daddyのせい? を御覧ください。

この事実は、GoogleのCEOですらびっくりしていたようです。

検索エンジンでの上位表示は、商用サイトであれば最重要課題ですから、この現象には世界中が大騒ぎしていました。

アフィリエイター応援SEOツール(レッツSEO)
アンカーテキストによる被リンクを実現します。
アンカーテキストでリンクを受ける ということは、特にYahoo!での上位表示対策にたいへん効果 があります。
どんなキーワードでもSEO対策が可能 なSEOツールが、「レッツSEO」です。

Yahoo対策(YST)
Yahoo Search Technology(Yahoo対策)とはどんな検索エンジン
YahooがGoogleとの提携を解消した理由
Yahoo検索で上位になるための最重要事項とは
検索エンジン対策のための対策では、一時的にしか通用しない
Yahoo検索(YST対策)には常識が通用しない
カテゴリー登録は本当に有効なのだろうか
カテゴリー登録表示とキャッシュ日付が消えた
Google対策
Googleが支持されてきた理由
Googleはなぜ被リンクを重要視するのか
PageRankを重視するが必要があるのか
Googleの新データベースBigDaddyのバグは直ったのか
Googleのデータセンター
大変便利なGoogleの特殊機能
http://www.ystseo.net/
Copyright(C) 2008 ystseo.net. All rights reserved.
検索エンジン研究Yahoo対策(YST)Googleのお勉強検索順位チェックツール情報商材ランキングツールYahooShoppingランキングツールお役立ちリンク