Yahoo!(YST)、Google、Liveサーチ(旧msnサーチ)などの検索エンジンのSEO研究
 Yahoo!(YST)検索の常識は常に変化する

Yahoo検索(YST)には常識が通用しない
毎年必ず大幅小幅のアルゴリズムの変更が起こるYahoo検索(YST)だから、はたして現在何が一番効果的なのか、皆目見当がつかなくなってくる。

【SEOのこれだけは知っておけ!】というSEOの無料レポートが、
まぐぞうからのメルマガで「大変良い」と紹介されてたから、早速読んでみた。

確かに、無料レポートとしては確かに良い。
だが、オイラはこのレポートに書かれている内容の殆どは知っていた。
今までの「常識」といわれていることが多いからだ。

GoogleとYahooではだいぶ違うから一概に言えないが、
SEO対策として必ず述べられていることの多くに、

ブログは一般のHPよりも不利。
オリジナルドメインの方が有利。
キーワードの頻度は5%(どんなに多くても10%)までにする。
フレームは不利。
外部リンクされるだけの方が良い。
<h> <strong>などのタグの使い方を重視。

などはよく書かれている。
はたして本当にそうなのだろうか?

,痢屮屮蹈阿楼貳未HPよりも不利」と
イ痢岾杏凜螢鵐されるだけの方が良い」
はうなずけるが、あとは疑問に思う。

最近では、ブログ専用検索もあるし、Yahoo検索では、一般の検索結果の最後に「ブログを含めずに検索する」というリンクまであるくらいだ。
ブログはすぐに作れるから、一般のHPよりも今では圧倒的に多いから、通常検索には相当数ブログHPもヒットするが順位がすぐに落ちてしまう。
通常のHPよりも不利なのは当たり前で、もともとブログは日記なのだから、期限が短い事が一番の理由であろう。
通常のHPはテーマに沿って作られているので、ほとんど更新されていなくても、いきなりインデックスから消えることはまず無い。

そして、ブログサービスを行なっているfc2.com・shinobi.jpやseesaa.netなどは、サブドメインを使用しるので、以前からSEO対策にも有利だといわれていたので人気が高いのだが、
本当に、サブドメインだから有利なのであろうか?

通常HPでのサブドメインは、同じ管理者だ。(ブログも大元の管理者は同じだが・・)
これまでは、サブドメインでも、ほとんどがインデックスされていた。
だが、サブドメイン使用ブログが簡単に作れてしまうため、同じブログサービスでは代表的ないくつしか認識しなくなっているように感じる。
この点でも、通常のHPではあまりないから有利と言える。

H19年10月の終わり頃には、またまた大幅なアルゴリズム変更が行なわれた。
ブログが不利なのは、今述べた通りだが、
今回の変更で、一番変わったことは、
「よりブログが不利になったのでは」
といろんなブログで書かれているが、これは違う気がする。

確かに、月間30,000回以上あるキーワードで今まで必ず1ページ目に表示されていたオイラのあるブログもいきなり圏外になってしまった。
同時に通常HPでも同じキーワードでブログとともに1ページ目だったものが、圏外になった。
参考までに、Googleでは今でも上位表示されている。

だが、オイラの本業HP(少しだけアフィリエイトリンクもある)ではほとんど順位変動がおきていない。

圏外になった両HPに共通していることは、アフィリエイト中心のHPなのだが、単なるアフィリリンクの羅列ページではなく、訪れた人の役に立つように情報としても提供していた。
人間が見れば圏外になってしまうとは絶対思えないのだが、検索エンジンは基本的にロボット判断だから、
アフィリエイトリンクがたくさんあるHPに対する評価変更のようなので、例えば、商品をランキング的にすべてアフィリリンクにしてたりすると下落するように感じる。

次に外部リンクについてだが、
本来のリンクは、相互リンクではなく、リンクされるだけのリンクが被リンクといっても過言では無い。
ほとんどの人が「自分のHPで紹介したい」と思うからリンクを貼る。
だからリンクされるだけの方が上位になるのはあたりまえなのだ。

検索エンジンがまだショボかったころは、相互リンクであっても自動で行えることは少なかったので、リンクそのものが多ければ上位基準になっていた。
時代が進むにつれ、自動で相互リンクできてしまうフリーのcgiソフトによって簡単自動登録できる中小の検索エンジンシステムが増えたし、ブログのトラックバックに至っては、相手の意思とは関係なくリンクが出来てしまう。

相互リンクについては、Googleが被リンクを重視してきた理由を御覧あれ!

現在のYahoo検索(YST)では、数日間で沢山の相互リンクを作ったら、スパムとしてインデックスから消える可能性が非常に高い。
自然なリンク構造でなければ意味がなくなってきているので、これから相互リンクに励んでも全く意味が無いのである。

僕のある通常HPは、いろんなページが上位に表示されているのだが、オリジナルドメインではないし、フレームも一部使用している。

もちろん、Yahoo!カテゴリー登録サイトでもない。
Yahooカテゴリー登録は本当に有効なのだろうかを御覧あれ!
つまり、このようなSEO対策は全くしていない。というか、全部やめてみた。

中には、随分上がったページまであった。

特にタグが疑問。
<h>も<strong>も一切使用していない。
<h>は見出し、<strong>は強調つまり太字にするタグだが、
見出しはスタイルシートで大きめのサイズ指定をしているだけだし、太字は<b>しか使っていない。

そもそも、なんで<strong>だと有利なのかはなはだ疑問である。

SEO対策を全く意識していないHPは、バラバラで規則的では決してないのが事実。
それでも関係なく上位に表示されているものも沢山ある。

Yahoo検索で上位になるための最重要事項とは
で述べたことのほうが重要なのだ。

SEO対策にはアフィリエイトで稼ぐ為のサイト作成法+13アイテム+6大特典


アフィリエイトサイト作成テクニック+アフィリエイトの秘密兵器13アイテムセット+SEO対策済みテンプレート+キャッチコピー生成法…などなど、売れるページ作りをトータル支援。
成約率の高いアフィリエイトページを作成し、アフィリエイト収入アップを見込む。
Yahoo対策(YST)
Yahoo Search Technology(Yahoo対策)とはどんな検索エンジン
YahooがGoogleとの提携を解消した理由
Yahoo検索で上位になるための最重要事項とは
検索エンジン対策のための対策では、一時的にしか通用しない
Yahoo検索(YST対策)には常識が通用しない
カテゴリー登録は本当に有効なのだろうか
カテゴリー登録表示とキャッシュ日付が消えた
Google対策
Googleが支持されてきた理由
Googleはなぜ被リンクを重要視するのか
PageRankを重視するが必要があるのか
Googleの新データベースBigDaddyのバグは直ったのか
Googleのデータセンター 大変便利なGoogleの特殊機能
http://www.ystseo.net/
Copyright(C) 2008 ystseo.net. All rights reserved.
検索エンジン研究Yahoo対策(YST)Googleのお勉強検索順位チェックツール情報商材ランキングツールYahooShoppingランキングツールお役立ちリンク